オススメリンク


電話秘書サービスを利用して会社への問い合わせに対応してもらいましょう。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

電話代行の活用法

重役の椅子

活用方法には企業内においてのサービスのアンケートや商品のレビューの分析などがあります。これら以外にも電話を代表の代わりに受け付ける秘書業務などもありこれらは従業員の少ない企業においては重宝されるサービスです。

電話代行の活用方法としては顧客と企業の窓口ともなる電話業務をすべて外部に委託することでより業務効率化を進めていくということなので電話代行でテレマーケティングを実施することで社内業務のコスト削減と効率化にもなります。

秘書とは
秘書とは、重要な役割を持つ人員のサポートを行うためのスタッフです。会社組織の中で特に役員の立場に立つ人物は、その業務の内容が多岐に渡ります。スケジュール管理や書類作成などを行う人員が側にいることで、組織内での重要な仕事が果たせます。

企業の中では、電話代行やテレマーケティングのような高度なコミュニケーション能力を必要とする仕事があります。その仕事の経験を活かして、秘書としてサポート役に就くことも方法です。

秘書電話代行テレマーケティング
事務的な仕事として代表とされる秘書、電話代行、テレマーケティングは規模が小さい会社であれば手分けをして全員で担当するものでした。しかしマニュアル化によって単純作業を独立させ、担当者を決めることで責任の所在を明確にし、きちんと応対することで会社の姿勢を表明することが可能になりました。

最近では秘書的な業務についてもアウトソーシングすることができるようになりました。電話を受け、要件を聞き担当者につなげる、またはスケジュールを確認してアポイントを取るなどといったものです。

どの業務をターゲットにするかによって呼び名は変わりますが、アウトソーシングとして代表的な仕事がこの3つであり、最近では会社の業務の大半を占めることになるほどの業務量を持つようになっています。

秘書や営業の電話代行
自営業の人で、秘書や受付をやとったり、営業をふやしたい、でもコストがきになると考えている人は、業務代行を検討すると低いコストでそれらの業務を受けおってくれます。

営業ですとテレマーケティングの契約をすれば、電話の営業から始まり、商品説明やアポイントのゲットまで、営業を雇用するのと同じような仕事を請け負ってくれます。秘書業務も電話代行を契約すれば、さまざまな事務や受付作業などの業務をしてくれます。雇用をおこなうと労務管理が面倒なので、まずは手間やコストをかけないで、業務拡張をしたい人は代行を検討するのが有利です。

テレマーケティングとは

女性のオペレーター

テレマーケティングとは、電話や電子メールを使って直接顧客に営業をして販売をすることです。

インバウンドとアウトバウンドがあり、前者はカタログ通販や広告などで商品を見せ電話番号を知らせることにより顧客から電話をかけてもらい、資料請求や商品の販売をすることを指します。後者は、顧客データベースを元にし、顧客や見込客に企業側から電話発信をすることで営業をして商品の販売をしていくマーケティング手法の一つです。

テレマーケティングの歴史と今後
テレマーケティングは1960年代のアメリカで生まれたとされています。日本では1980年代から多くなり始めて、世界潮流であるコールセンターの形をとっていきました。初期は顧客からの注文を受け付ける形のものが多かったのですが、やがてアウトバウンド業務がその数を増やしていきます。現在ではインバウンドもアウトバウンドも両方が全盛といってもいいほど、大変に数が多くなっています。

今後もネット通販やお客様相談室を設置する企業が増えていくことを考えると、右肩上がりに伸びていく業務だと言われています。

電話代行や秘書サービス以外にも利用できるテレマーケティング
電話代行や秘書サービスを利用できるだけではなく、テレマーケティングサービスも利用する事ができる業者がいくつもあります。このような業者を見つけるにはインターネットを利用する事が一番効率よく探す事ができるので、利用を考えている方は実施していただきたいです。

優秀な業者を選択する事ができれば、満足できるテレマーケティングを行う事ができるので、業績や新しい仕事先を見つけるなど色んな効果を期待する事ができます。

電話代行の歴史と今後
電話代行は昭和50年代に転送電話装置が出回り始めた頃に生まれたサービスです。転送電話装置は電話に出られる人の所に電話を廻し転送してくれる機械のことで、電話代行とはそれを利用した代行サービスになります。

電話秘書サービスとも呼ばれ、仕事の依頼主などの電話に対応したり、また、依頼主に成り代わって顧客の対応をするサービスもあります。テレマーケティングサービスと呼ばれる個人や企業に対する情報案内や、アンケート調査などを行うものもあります。

将来はネット技術の進歩によって電話の枠に囚われない新しいサービスが発展して行くと考えられます。